トリックリンク

最高の二次会のために

結婚式二次会のスピーチを依頼されたら

結婚式にはスピーチがつきものです。
新郎新婦をよく知る人から人柄を話してもらうことで、出席者は新郎新婦への理解を深めることができます。
このスピーチは、結婚式で行うものと結婚式二次会で行うものは少し雰囲気が変わります。
どちらも「結婚おめでとう」という内容であることは変わりませんが、結婚式で行う場合は適切な表現で話すように配慮する必要があります。
それに対して二次会の場合は、アルコールの影響もあって、ある程度くつろいだ雰囲気になっています。
また、二次会には基本的に新郎新婦の親族などは出席せず、友人のみの場合が多いため話す内容を気にしすぎる必要はありません。
出席者の雰囲気によっては、少々下品な内容でも許されるかもしれませんが、ハメをはずさないようにしましょう。
結婚式二次会のスピーチを依頼されたら、名誉なことですのでぜひ引き受けてください。
その場合、必ずリハーサルを数回行ってください。
当日は、結婚式での飲み過ぎ・食べ過ぎは控えて二次会を迎えるようにしましょう。

結婚式二次会ではどんなスピーチが好ましいか

結婚式二次会であろうとスピーチを求められる機会があります。
主催をする新郎新婦やその親族として行なう場合と、出席者の代表として行なう場合の二通りあり、どちらもスピーチであることには変わりはありませんが、その内容は大きく異なってきますし、参加している顔ぶれによっても求められる内容や空気感は変わってきます。
例えば主催側が行なう場合には結婚式二次会に参加してくれた出席者への感謝を伝えますし、出席者側としてはお祝いの言葉を述べることになります。
いずれにしろ注意をすべき点は、場の雰囲気をきちんとわきまえた言葉遣いで行ない、きちんと内容が伝わるように内容を吟味することです。
また、結婚式二次会なりますと披露宴ほどの緊張感がなく、ほとんどが親しい友人といった場合もあるでしょうし、披露宴からの続きですでに酔っている人もいるでしょう。
砕けすぎるのは問題ですが、ユーモアを織り交ぜたカジュアルな内容でも十分ともいえます。

recommend

Last update:2017/2/20

Copyright © 2015 最高の二次会のために All Rights Reserved.