トリックリンク

最高の二次会のために

小さな結婚パーティーでもある結婚式二次会について

メインとなる結婚式の後に行うパーティーが、結婚式二次会です。
挙式当日の夜に行うこともあれば、日を変えて後日に開催することもあります。
二次会は本式に参加した人がそのまま出席することもありますが、少人数の挙式のために参加できなかった人のために小さな結婚式として行う場合も見られます。
また新郎新婦が遠距離でどちらかの郷で本式を行った場合に、遠方のために本式に行けなかった人たちともう片方の郷でパーティーが行われることもあるでしょう。
また結婚式二次会は、本式よりもアットホームなことが多く、新郎新婦と直接話をしたり一緒に写真を撮ったりして距離を感じずにいられます。
レストランや居酒屋などを貸し切って行われ、新郎新婦自身も楽しくゲストと飲んで食べてと楽しめるパーティーなのです。
結婚式二次会の費用は、新郎新婦が出す場合もあれば、会費制にする場合もあります。
そのほとんどは誰か幹事を決めて、幹事が計画して進行していきます。
みんなが楽しめる良い二次会にするためにも、幹事の役目は重要といえるでしょう。
幹事は新郎側から一人、新婦側から一人、計二人で行うことが多いです。
また場を盛り上げるために、カラオケやスピーチや出し物、ビンゴゲームなどの余興も行われます。

結婚式二次会の準備は何からしたらいい?

結婚式二次会、社会人であれば何度か出席したこともあるでしょうが、いざ自分の事となると何から手をつけていいかわからない人も多いことでしょう。
もともと、二次会は結婚する新郎新婦のために友人が主催するものだったのですが、最近はほとんど新郎新婦が二次会を主催するかどうかを決め、友人に幹事をお願いするという形になっています。
新郎新婦から二次会の幹事をお願いするのであれば、その規模や内容にもよりますが、3~4名程度を新郎側友人と新婦側友人両方から選ぶのがいいでしょう。
幹事が決まったら、場所や予算、参加人数や進行など、だいたいの内容を打ち合わせします。
ある程度決まったら、細かい部分の決定は幹事にお願いしましょう。
新郎新婦は披露宴や新居の準備などで忙しい時期になるので、時々幹事に連絡を入れて進捗状況を確認するぐらいになるでしょう。
幹事も忙しい中、時間を割いて新郎新婦のために頑張っているので、特に金品を渡す必要はありませんが、都度、感謝の意を伝えるようにしましょう。
もちろん、無事に二次会が終了した後には幹事の労をねぎらう食事会などを開くなどしましょう。
幹事をお願いできそうな友人がいない場合は、二次会代行業者を利用する方法もあります。
こういったサービスを利用すれば友人にも負担をかけずに済みますが、どのような二次会にしたいのかイメージをしっかり伝えることが必要です。

おすすめWEBサイト 8選

インビザライン 東京
スチールラックで業務用のものを検討
小田原 不動産

最終更新日:2018/8/30

Copyright © 2015 最高の二次会のために All Rights Reserved.